AIU留学体験記2014

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

William & Mary 大学概要・生活全般

初投稿がまさかの1学期目が終わってからとなってしまいました。(笑)
遅ればせながら、はじめまして、
ヴァージニア州のウィリアムズ(ス?)バーグの The College of William and Mary に留学中の巨人ファンです。埼玉出身です。
今年の留学体験記の北アメリカ勢がほぼ壊滅状態なので(笑)、今から頑張って盛り上げていきましょう!
今までたまりにたまったネタを一気にぶちまけたいと思います。これが1回目の掲載ですが、この後続けてさらに2回分掲載します。
➪第1回 大学概要・生活全般
➪第2回 授業どんな感じか
➪第3回 個人的な夏休みの活動その1
今後については未定です。夏休みの活動の続編は近いうちに出ると思います。他に知りたいことがあったらお知らせくださいね。
記念すべき第1回留学体験記は特に、留学どこにしようかな、ここにしようかな、ここどんな大学かな、の人のために、だいたいどんな感じの大学なのか、という情報を流していきます。
興味を持たれましたら、追記からどうぞ!もしカバーされていない内容で他に知りたいことがありましたら是非お知らせください!そして過去この大学に留学したAIUの偉大な先輩方の留学体験記も読んでみてくださいね~


①ウィリアムズバーグ
この大学はヴァージニア州のウィリアムスバーグにあります。アメリカって、他から移住してきた人たちが東海岸に植民地を作って、何度も何度も植民地会議を開いて、イギリスと戦って独立を勝ち取ってできた国ですよね。その原点となる第1回植民地会議はここヴァージニア州だったのです。そしてヴァージニア植民地政府があったのがウィリアムズバーグだったのです。ジェームズタウン[北米初の永久植民地]とヨークタウン[アメリカ独立戦争を事実上終結させた戦いの場所]の2都市とウィリアムズバーグを合わせて歴史大三角形と呼び、アメリカの重要な国家資産だそう。大学のすぐ近くにはコロニアルウィリアムスバーグというところがあり、植民地時代の街の雰囲気をそっくりそのまま再現しているエリアがあります。
場所はココです。
ヴァージニア州の州都はリッチモンド。州内にはいくつか空港がありますが、リッチモンド空港が主要だと思われます。
空港から車で1時間弱。少し不便ですね。首都DCまでは車で3時間弱です。
位置


②大学概要
大学名にも入っている2人の名前は、イギリスの王様と女王様です。世界史をやった人は分かると思いますが、1688年に有名な「名誉革命」というのがあり、イギリスのスチュワート朝のジェームズ2世がクーデターにより追放され、その後に即位したのが彼の娘のメアリー2世とその夫でオランダ総督だったウィリアム3世だったのです。この大学は、その2人の認可に基づき1693年に創設されました。
The College of William and Mary はハーバードに次いでアメリカで2番目に古い大学です。偏差値的にも高めの大学で、アメリカ人でも入るのが難しいのだそう。6000人ほどの小さな大学なので、教授と生徒の距離が近いのがいい点です。
教授と言えば、この大学が教授の質の良さで全米大学トップ5入りを果たしました。(詳しくは以下を参照)
http://www.usatoday.com/story/money/business/2014/04/06/schools-smartest-professors/7347283/
http://colleges.niche.com/rankings/academics/top-smartest-professors/
確かに、少なくとも一学期目に取った授業の先生たちはみんな一流、専門的、知識も豊富、授業の準備もしっかりしてきて、何か相談に行けば丁寧に対応してくれて、その後も何かと気にかけてくれる先生たちばかりでした。授業の質は、かなり高かったです。
さて、留学先を決めかねている人たちは、どんな授業があるのか、授業がどんな雰囲気なのか、気になりますよね。第2回の投稿に、一学期目に取った授業・友達から聞いたほかの授業の話・便利なCourse Description(W&Mのサイト)のページを紹介します。

③キャンパス
そりゃAIUに比べたら広いです。キャンパス内を道路が走っているところもあります。でも、他の提携校に行った友の話では、都市の中に溶け込んでキャンパスとの境がよく分からない、広すぎて迷子になって何時間もさまよった、ということを聞きますので、それに比べたら全然小さいと思います。
結構田舎なので、リス(超かわいい!!)や鳥(綺麗な赤や青の鳥!!)、たまに鹿、たまにウサギ、池にはカメ・カモがいます。朝は鳥のさえずりで目をさます(結構大きな声でさえずっていらっしゃる)、という優雅な寝起きです(笑)
基本的に学部ごとに建物が分かれています。寮なんかは、全部レンガっぽい感じで見た目が同じなので、最初は全然見分けつきませんでした(笑)
大きな食堂がキャンパスに3つ、あとは小さいのがビジネススクールの建物の中にあったり、という感じです。
一枚目は私の寮です。ぜーんぶこんな感じの外見してます。
無題
リス



④生徒
日本人は絶滅危惧種です。だいたいAIUから1人、慶応から2,3人で全員です。複雑なバックグラウンドの関係で日本人じゃないけど日本語しゃべる人とかはたまにいますが。
中国人韓国人多いです。アメリカの大学ならどこでもそうだと思います。特にマーケティングの授業は中国人が多い印象でした。みんな英語上手にしゃべってます。
みんな勉強に追われている感じです。友達とすれ違って、元気―?というと、返ってくる言葉はだいたい、来週テスト➘、今から○百ページ読まなきゃ➘、ペーパーやんなきゃ➘、明日小テスト➘でした(笑)週末には出かけたり買い物したり映画みたりする人も多いですが、与えられた課題全てこなして教科書しっかり読み込んだらかなりキツいと思います。留学生にとっては教科書のリーディングを全てこなすことは現実的でないので、先生に相談してみるとよいでしょう。ということで、明らかにパーティー大学ではないですね(笑)人生でこんなに勉強するの、これで最初で最後だ、と言う人もいます。4年生の卒業目前の人は、もうこれ以上は続かない、と言うほど(笑)勉強勉強ですね。。。(楽して勉強しないで上手くやってるやつもいました笑 ex)今学期のルーミー:食べる間も惜しむいわゆるネトゲ廃人)

⑤日本関係のコミュニティ
J House
この大学には、言語ハウスといって、特定の言語に特化したい人が住む寮があります。日本語・中国語・スペイン語など。それぞれの寮にチューターがついています。J House とはJapanese Houseの略です。日本語の授業を取っていて、日本語に興味のある人たちが住んでいます。ワイワイした感じが好きな人は、英語の練習にもなっていい所だと思いますよ。
JCA
日本文化のクラブです。節分の季節には、節分とは何たるか、ひな祭りの時期には、ひな祭りとは何たるか、など愉快な幹部たち(日本のバックグラウンドを持った人や普通のアメリカ人)から軽く説明があり、実際に豆まきしたりもします。韓国文化・中国文化のクラブと対抗で運動会をやったりもします!
キャンパスでは絶滅危惧種である日本人は、日本語を学びたい人、日本文化を知りたい人にとっては大変貴重な存在なのです(笑)


こんな感じでどうでしょう。何かあればコメントください~
読んでいただいた方、ありがとうございました!次回は授業についてです。
スポンサーサイト

| こずえ@ヴァージニア | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aiuryugaku2014.blog.fc2.com/tb.php/19-27001914

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。