AIU留学体験記2014

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

夏休み真っ只中だけれどspring semesterのことについて

おひさしぶりです!
晴れていいお天気のエクセターからちえがお送りします!


生活が忙しかったり、ログインが上手くいかなかったり、旅行に出かけていたりと長らく更新が滞っていましたが…今回は、セメスター終了直後に書いていた振り返りをあえて編集せずそのまま載せようと思います(その方が臨場感が伝わる?かな?)

よろしければ、続きをどうぞ^^



実は、なんと3週間ほど前から夏休みに突入してるんです:)
ここ最近は何をしていたかというと…旅行に行ったり、引っ越しの準備を進めたり、帰国してしまう友達と最後のお別れにご飯に出かけたり、はたまた疲れ果てて一日部屋で爆睡してたり(笑)、なかなか充実した生活を送っています!
旅行や引っ越しの話についても書きたいことはありますが、留学一学期目が終了したということで、学業の話をメインに振り返りをしたいなと思います!



今学期に履修していた授業は4つ

Contemporary Society-Themes and Perspectives

経済・政治・社会制度・階級・性差・グローバル化など、様々なトピックを毎回教授が解説していきます。
特に印象に残っているのは、経済の時にでてきた'mcdonaldisation'というトピックです。このシステムがどのように発展したのか、社会学や経済とどう関係するのか、現代社会が受けた(る)影響、などなど…lectureもtutorialも学生の議論がとても活発で、知的好奇心を多いに刺激されました。
この授業の思い出と言えば、教授の喋るスピードが隣に座っているイギリス人もビックリするほど早口だということ!家族や友人に説明するときに、まるで魚市場の競りのような早さと毎回言うのですが(笑)本当にそれくらい早口なのです。おかげさまでリスニングが飛躍的に向上した気がします。

Analysing Archaeological Evidence

遺跡や発掘された骨などをどのように分析していくのか、という調査方法に重きを置いた授業です。同じ骨でも、調査の目的によって様々な方法を駆使して年代や成分を割り出して行きます。高度な科学や数学の知識も求められるのでなかなかハードでしたが、今まで学習したことのない分野を勉強するのはとても楽しかったです。そういえば、レポートを書くために人骨に関する文献を日がな読み漁ったりもしました。おかげさまですっかり骨とそれから得られる情報について詳しくなり、博物館に行くのが楽しくなりました!

Discovering Our Past

こちらは同じ考古学でも、どちらかというと歴史的観点からアプローチする授業です。
絵画や歴史的建造物や文化背景などをいかに読み解いて解釈していくのか、それらが現代社会にもたらす影響について学びました。時折教授自身の考察も授業に織り交ぜながら、ひたすら
今回履修している授業の中で一番規模が小さいのですが、学生一人一人がとても勉強熱心で、人数の少なさを感じさせない白熱した議論が毎回繰り広げられていました

Introduction to Social Anthropology-Theorising everything in the world-

今学期の中で私の一番好きな授業です。日本語にすると’文化人類学’となります。何故人間は家に住むのか、服を着るのか、プレゼントを贈り合うのか、体罰の定義は何か…などなど毎回トピックがとても面白く、膨大な量のリーディングも全く苦になりませんでした。2週に一度ぐらい教授がビデオを流すのですが、このチョイスだけはイマイチ(笑)まわりの学生も「他にもっといいのあったでしょ」と言ってます。



どの授業も週に一度、一コマ2時間lecture形式です。これにプラスして2週間に一度、1時間tutorialが行われます。tutorialは、予習で読んできたリーディングをもとに学生主体でひたすらディスカッションをしていきます。教授やチューターが質問を投げかけたり全体の流れを軌道修正することもありますが、学生自身で話し合いを進めて授業で扱ったトピックについての理解を深めていきます。
このtutorial、最初の頃は本当に辛かった…。全てのtutorialのグループが、幸か不幸か私以外は教授も含めて全員がイギリス人という環境だったのです。話すスピードも、話の展開の速さにもついていくのが精一杯で、前日はとても憂鬱になっていました。ですが、毎回自分で一つ目標を決めてtutorialにのぞむことで次第に自信もつき、また、まわりの学生とも仲良くなることが出来ました。最後のtutorialの時には、チューターの先生に今までのがんばりを褒めて頂き「めげずに頑張ってきて良かった」という素敵な達成感に包まれました!



半年間イギリスで生活をして感じたこと、カルチャーショックを含め驚いたこと、大変だったこと、旅行のこと…
書きたいことは色々あるので、時間を作ってしっかり更新していきたいと思います^^
(個人的な一大事は引っ越しです。これについてはぜひ近いうちに!)
スポンサーサイト

| ちえ@イギリス | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aiuryugaku2014.blog.fc2.com/tb.php/28-68c720e1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。